Rail & Bikes editorial postscript  ~ 鉄路と自転車な日々@東京西郊 ~

門前町の電停(1月分)

2月に入ったので、門前町の電停1月分を公開。年明け早々は商家の仕上げ、及び、民家と商家のある駅横の区画を整備していました。これで駅本体含めモジュールの核となる部分は埋まって来ましたが、まだまだ周囲は広大な空地が広がっております。とりあえず次工程としては、参道と踏切を作りつつあります。

Img_1699.jpg

門前町の電停(12月分)

年が明けて1月に入りましたので、門前町の電停12月分を公開します。今回も、ほぼこの一棟の作り込みだけで終わってしまいました。というか、まだ終わっていません!(笑)
GM製商店キットからの改造で駅前の和菓子店を制作したわけですが、建物の形状が異端だったのと内装をある程度作る必要があった為、地味に時間がかかっております。この後、外装をあと少しと汚し表現を行なって完成予定ですが、これで駅前のブロックを埋められる状態になるので、次はそのあたりを仕上げて行きたいと思います。

Img_1502.jpg

門前町の電停(11月分)

12月に入ったので、門前町の電停11月分を公開。今回は、ほぼこの一棟の作り込みだけで終わってしまいました。さんけい製のペーパーキット「なつかしのジオラマシリーズ」から「民家D」です。DというからにはA,B,Cもあるのでしょうが、どんなのかは見てません。あと、別に「民家E」というのは見つけてストックしてありますが、今回のモジュールで使うかどうかは不透明(笑)

Img_1277.jpg

門前町の電停(10月分)

11月に入りましたので、門前町の電停10月分を公開します。先月は駅に隣接した公衆トイレと、駐輪場の制作に励みました。トイレは駅構内にあったものが老朽化しバリアフリーでもない為、行政と共同で駅利用者以外も使える公衆トイレとして、近代的なものに更新したといった背景があります。

Img_1124.jpg

門前町の電停(9月分)

もう10月ですか、時の経つのが早いですね。というわけで、門前町の電停、9月分を公開します。その後は駅ホームの装飾関係を充実させる作業でしたが、照明灯具の吊り下げや屋根裏の配管、支柱のサビ表現等が初体験だったので、試行錯誤しつつ進めた関係で時間がかかってしまいました(暑くてやる気が... というのもある)あと、駅名標以外の印刷物関係はほぼ過去作の原稿を使い回しています(笑)まぁ、他の駅と共通に使われているという事で、不自然ではないでしょう。

Dscn0029.jpg