Rail & Bikes editorial postscript  ~ 鉄路と自転車な日々@東京西郊 ~

東京人

Img_4550.jpg散達に続いて今月は東京人も購入。冬休みの読み物にと考えての確保ですが、もう読み始めちゃってるんですよね、実際のところ。特集は「寅さんと東京」。

お茶とあんこ

Img_4532.jpgなかなか画期的な特集タイトルだと思いますね、「お茶とあんこ」。聞くところによると幼少の頃の私、親戚の間では饅頭好きで有名だったそうです。ええ、もちろん今も餡子モノは大好きですから、思わず購入に至ってしまったというわけです(笑)

これから誌面と向き合う段階ですが、あんこテロにやられて載っている和菓子屋さんへ次々買いに走る、なんて事にならないよう注意しなくては...。

中央線誕生

Img_4212.jpg今回購入したのは、上に乗っている「中央線誕生」(2016/6)の方である。甲武鉄道飯田町~八王子間の開通までを物語形式で追っていて非常に読みやすいのだが、甲州街道沿い宿場町の反対運動があったという説を主に話を展開している点が気になった。

青木栄一氏の「鉄道忌避伝説の謎」(2006/11)等により鉄道忌避運動の多くはその存在が疑問視されてきたので、最近の出版物にしてはまだこれを肯定的に見ているものがあるのか?(しかもそれを交通新聞社が出している)と、ちょっと驚いた次第である。

東京の凸凹

Img_4155.jpg東京人7月号を購入。ひさびさだ。
特集 浮世絵で歩く東京の凸凹」これ非常に面白い。

御茶ノ水の人口の渓谷とか、上野のお山と不忍池が実は...だとか、品川御殿山の崖などなど、浮世絵に描かれた当時と現在の様子を定点観測で比較しています。江戸時代の庶民達も地形の高低差を楽しんでいたんだなぁ、と実感。

最近買った本

Img_3970.jpgRMモデルズは見本誌いただいたので買ってない(^^;)ですが、他に最近購入した本(雑誌)が手元に2冊ほど。

散歩の達人は定食特集で、しょうが焼き定食やらサバの味噌煮定食やらミックスフライ定食やら...、お腹のすいてる時に読むとセルフ飯テロ状態になるので要注意です。

京成の古地図本は、各鉄道会社版が出てる中の一冊で地図を多用した大変興味深い内容。但し京成高砂が昭和29年に高架駅完成とか、とんでもない記述間違いも散見されるのが少々残念なところです。