Rail & Bikes editorial postscript  ~ 鉄路と自転車な日々@東京西郊 ~

夏旅2019(5)

  • 投稿日:
  • Category:

夏旅の公開第5回、旅程は3日目に入りました。宇部新川の宿を出て下関から関門トンネルを潜り九州入り、まず向かったのは今年修復工事が終わったばかりの門司港駅。写真は鹿児島本線のゼロキロポストで、鉄道開業100周年を記念して昭和47年に建立されたものです。

Dscn6865.jpg

以下、ページに載せきれなかった写真から何枚か...
Dscn6884.jpg 門司港駅の改札付近はまだ工事中なようで
DSCN6866.jpg 時代を感じさせる出札口と券売機の組み合わせが妙
Dscn6868.jpg ネオ・ルネッサンス様式で石盤葺の駅舎は国の重要文化財
Dscn6869.jpg 駅前に建つ門司郵船ビル。昭和レトロな鉄筋コンクリート建築
Dscn6871.jpg バナナの叩き売り発祥の地碑。売り捌かれたのは台湾バナナ
Dscn6875.jpg 旧門司税関(左)と北九州市大連友好記念館(右)

トラックバック(0)

コメントする