Rail & Bikes editorial postscript  ~ 鉄路と自転車な日々@東京西郊 ~

北勢地方のナロー達

  • 投稿日:
  • Category:

前にお知らせした通り、短い正月休みの後半に駆け足で北勢地方のナロー巡りをして来ました。近鉄の内部・八王子線、そして三岐鉄道の北勢線です。全てこれまで乗ったことのなかった路線なので、私の目には実に新鮮に映りました。軌間762mmの特殊狭軌と呼ばれる線路、国内で旅客営業しているのはこれ以外だと黒部峡谷鉄道くらいです。乗る方にかまけていてあまり写真を撮っていませんが、以下各線の見たまま情報をアルバムとしてまとめてみます。

Dscn7167.jpg
三岐鉄道北勢線阿下喜駅

内部・八王子線は共に近鉄がBRT切り替えを検討しており、地元から反発が起きています。私が乗ったのは正月休み中ですのでさほど混雑する事はありませんでしたが、付近は住宅が建て込んでおり、四日市の市街地という事で通勤通学需要はかなり有りそうに思いました。一方で北勢線の方は桑名の郊外路線という感じながら、各駅は意外と整備されていて近代的。三岐鉄道は頑張っているなという印象を受けました。おそらくこの界隈ではローカル切り捨て主義の近鉄は悪もの、北勢線を救った三岐鉄道は正義のヒーローと見られているのかも知れません。

トラックバック(0)

コメント(2)

katsu 返信

北勢線の今を私のブログでリンクさせてもらいました。
写真から北勢線は近代化されていてもナローゲージの魅力を大いに感じます。
今年こそは行かねばと思っています。

H.Kuma 返信

わぁ、katsuさん、ありがとうございます。
北勢線の貴重な写真を拝ませていただいた上に、リンクまでして下さるなんて光栄です。
北勢線は電車も駅も好ましい形で近代化されていると感じました。
ある意味、乗っていてLRTに近い感じの印象を受けました。

コメントする