動作チェック

  • 投稿日:
  • Category:

早速PCに繋いで、動作チェックを行なう。前に紹介したサンプルスケッチ「Blink」はボード上のLEDを点滅させるので、周辺回路無しでチェック出来る。その前に、メニューの「ファイル」→「環境設定」で、「より詳細な情報を表示する」にチェックを入れておくとエラーの際の原因分析が容易になると思う。

arduino003.png

Arduino UNO

  • 投稿日:
  • Category:

結局、一周まわってサクッと純正のArduino UNOを別途購入(¥2,930)。これでハードに関しては振り出しに戻った形だ(笑)互換キットは実験用の周辺回路も含んでいるので、それに比べるとかなりコンパクトで片手に収まるサイズである。

Img_6558.jpg

動作せず

  • 投稿日:
  • Category:

で、結局、動作しなかったのである。

arduino001.png

部品の配置は間違い無い(筈)、基板の半田付けもうまく行った(筈)、なのだが…。テスターも無いので確認のしようがない。怪しいのは自分が組み立てたボードだろうが、付属のUSBケーブルの方も、マークされている記号からすると、コネクタ側と基板側でピン配置が食い違っているようにも思える。さて、どうするか…

サンプルスケッチをロード

  • 投稿日:
  • Category:

Arduino IDE を起動し、教科書に記載のサンプルプログラムをロード。使用するのは、基板上のLEDを点滅させる「Blink」という簡単なプログラム(Arduino用語ではスケッチと呼称する)である。

arduino000a.png

パソコンに接続

  • 投稿日:
  • Category:

Img_6574.jpgいよいよボードをパソコンに接続する。自前でUSBケーブルを用意する必要があるのかな?と思ったが、キットに写真のようなケーブルが入っていたからこれを使うのだろう。

相変わらず説明書も何もなく手探り状態だが、ケーブルの本数より推察し、ボード上の数あるコネクタ群の中から挿す場所は特定出来た。