Banner  

●軌道系(旅客車)

■20形:モハ26
Photo
モハ26

探訪記「第二話」に登場した幻の電車。東葛貨物線は元々東葛軌道(人車鉄道ではないです ^^;)という小私鉄だったが、これを下総快速が吸収して東葛支線として運行。その当時に活躍していた車両という事で、急遽写真撮影用にこしらえたものです。従って無動力。そもそもこのショートサイズのボギー車でも、あのパイクの車両限界は完全に突破しており、実際にはあちこちぶつかってしまってまともに走らせられません。

元々これは、GMバリエーションキットシリーズの京阪500におまけで入っていた京津線260タイプです。とりあえず練習用にボディだけ組んでみて、さらには塗装評価用に使った後、しばらくダルマ状態でそのまま寝かせてありました。これを、塗装を一旦洗い落とし、台車とパンタを買い足して仕上げてみたものです。



Photo
少々ウェザリング過剰

Photo
ダルマ状態の頃



Photo
正面

Photo
側面



■600形:モハ607+モハ608
Photo
600形

軌道線の方も譲渡車がありまして、タネ車はこれまた一目瞭然の京阪600形です。殆ど素のまま組み上げましたが、思い返せばこれが私のGMキットデビュー作。

それまで16番では多少経験があったもののNゲージは完成品を購入した事しかなく、しかも十数年ぶりの再開でこのサイズでの手工作がどこまで出来るか、実験台の意味も含めてこのキットを買い求めました。

で、最初はそのまま京阪電車として完成させる予定が途中から気が変わり、下総快速の新塗装評価の意味も込めてこの色に塗り上げたというわけです。



Photo
前頭部
Photo
パンタ部屋根上
Photo
サイドビュー



■1500形:モハ1502+モハ1552
Photo
1500形

軌道線が地下化され大型車両に交代となった後、一部残った支線に導入されたコンパクトな連接電車。

種車はもちろん江ノ電の1500形ですが、標準塗装でなく全線開通100周年の際に姉妹提携で嵐電塗装となった姿を購入。理由は、我がしもてつの新塗装とよく似ているからですが、こうやって並べてみると、クリームとダークアイボリーの差が目立ってしまいます。

MODEMO製品は今回初めて購入しましたが、連接構造部も含めなかなか安定した構造で好感が持てる設計。走りも手持ち車両の中では非常にスムーズです。



Photo
サイドビュー
Photo
青砥ヶ谷駅を発車する1500形

Button次へ


ButtonBack to Rail Page