Banner  

●軌道系(事業車)

■デキ10形:デキ11

こちらは噂のB凸電機、正式名称はデキ10形といいます。ワムやトムを従えて東葛貨物線をちょこまか走る姿はもう既にお馴染みかと思いますが、元となった車はカトー(当時は関水金属)のポケットラインという、昨今はやりのBトレの走りのようなシリーズ製品。

電機、蒸気、路面と3種類揃ったシリーズでしたが、中でもこのチビ凸のフォルムはあまりおもちゃっぽくなくて、良く出来た製品と目をつけていました。トムとワムもセットで\2,500というのもお手ごろな値段だったですね。

改造点は主にパンタ周辺と塗装で、下回りは無加工。あ、唯一カプラーをケーディーに入れ替えてますが、これだけでも結構高級感が出て来ます。

Photo
デキ10形


Photo
パンタ部クローズアップ

改造前の状態は以下の通りです。これ、ボディはなかなかいいんですが、コストの関係か、はたまたお子様がいじっても壊れないようにか、プラ成型の一体パンタはちょっとご愛嬌。

ですので、台座を据え付け、PS16に入れ替え。後は全体を当社色に塗り替えて... なんですが、うまい事に地色がオレンジイエローですのでそのまま帯だけマスキングして塗り残し、全体に茶を吹くだけ。いやー、塗装の手間もかなり省けちゃう逸品です。

Photo
元の状態

Button次へ


ButtonBack to Rail Page