昼の東海道を東京から下り普通列車を何本も乗り継いで、薄暮れの頃にやって来たのは武豊線の終端駅「武豊」。 もちろん「たけゆたか」と読んではいけない、ここは「たけとよ」である。 もう一つ間違い、最後に乗ったのは下り列車ではなく、武豊線内においてはその末端へ向う方面が上りなのである。 これは、その始発駅「大府」から武豊線が東京方向へと分岐しているので東海道本線と合わせた結果と、そもそも武豊線が武豊駅側から敷設が始まった為とも言われている。 沼津の蛇松線と同じく、鉄道建設の資材を港から運ぶ使命をもって生まれた路線なのである。

button末端駅 Top